2012年3月2日金曜日

競馬予想の作り方:はじめに

明日(2011年3月3日)から、平成24年度の卒業研究が始まるので、その実習テーマとして「競馬予想の作り方」をとりあげます。

内容は、以前、JWEIN2010の講演「競馬予想とは何か?」でも扱ったロジットモデルによって、単勝馬券の適正オッズを計算するというもの。その仕組みや、評価方法を解説しながら、競馬ファンによる予想(レースでの最終オッズ)の精度にどの程度迫れるのか、挑戦してみようと考えています。

平成22年度の入江君の卒業研究「競馬予想と集団知」では、スポーツ新聞の競馬予想の情報を加味してロジットモデルを最適化し、競馬ファンの予想(AR=Accuracy Ratio=67.8%)にほんのわずか(AR=65.4%)のところまで迫ることができました。さらに、競馬ファンのオッズの情報まで加えて、最適化すると、オッズよりほんのわずか高い精度(0.2%)で予想が作れそうだということも。

図がそのときの結果です。ロジット単独だと、ARは56.3%で、JRA-VANの順位予想(AR=50.5%)をファクターに入れて最適化すると58.9%。それにスポーツ新聞の予想もいれて最適化すると65.4%まで上がり、単勝馬券の最終得票率もいれて最適化したモデルのARは68.0%となり、競馬ファンの予想のARを0.2%上回っています。ただ、「+0.2%」は、あまりにも小さく、誤差の範囲内ともとれるレベル。また、最終の得票率の情報は実際のレースで入手することは無理なので、競馬ファンの予想に勝ったとは言えません(実際には、レース直前に大量の投票が行われても、予想精度そのものは大して変化しないので、出走30分前の得票率で十分のようですが)。

今回は、
①ロジット単独でスポーツ新聞よりも精度の高い予想を行うこと。
②スポーツ新聞の予想を加味したときに、競馬ファンの予想精度を上回ること
 の二つを目標としています。

これらの目標を目指し、かつ卒業研究の実習をかねて、平成24年度の1年間、1週間に1度(土曜日)、競馬予想の課題とその結果についてこのブログに掲載していく予定です。

どこまで続くかな分かりませんが、頑張れるだけやってみようと思います。何分、私は馬券を買ったこともなく、過去の文献などをもとにロジットモデルを作っているだけなので、どのようなファクターをモデルにいれるのがよいのかについてのアイデアがあまりありません。経験豊富な方からのアドバイスも歓迎します。よろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿